トクホ製品で中性脂肪をなくそう|健康改善計画で元気な体を作ろう

男女

代謝の良い体を目指す

清涼飲料水

食べ過ぎてはいけない理由

私たちの体は、酵素を日々自前で作り出しています。潜在酵素と呼ばれるこの酵素は、私たちの体の修復作業、つまり新陳代謝に必要不可欠な物質なのです。また、酵素は、体内に取り入れられた食物を消化するために用いられ、残ったものが新陳代謝に用いられる、という性質を持っています。ですから、食べ過ぎなどで消化のために酵素を大量に使ってしまうと、体を修復し健康を保つために用いられるべき量が足りなくなってしまうことになります。この酵素不足によって、シワやシミ、胃痛や腰痛などの未病の症状から、膠原病、癌といった深刻な病気まで、ありとあらゆる不調が引き起こされているのではないか考える専門家もいます。

生食を意識する

潜在酵素を新陳代謝に用いるために、消化のための酵素を食事から取り入れるように心がけることができます。そのようにして、潜在酵素が消化に用いられるのを防ぐのです。消化酵素の多い食物として、大根、りんご、きゅうり、バナナ、セロリ、納豆などが知られています。これらを用いるときに注意する点として、加熱してはいけないということがあげられます。というのは、酵素はデリケートな物質で、五十度以上の熱にさらされると、わずか二分で失活してしまうからです。アクチンジンのように、七十度まで持ちこたえるものもあります。しかし、それは極めて例外と考えた方がいいでしょう。ですから、これらの食物は必ず生のままいただくようにしましょう。また、市販の酵素ドリンクを利用すれば、より手軽に酵素を摂取出来るのでオススメです。